本文へスキップ

デザインスペース & カフェ 『ル・エタージュ』 へ

電話でのお問い合わせは018-866-3890

〒010-0951 秋田県秋田市山王5丁目11-31
Mdeux Building2F

イベントreal estate

                                           

2017年9月29日(金)~10月5日(木)


 
『 真砂 三千代 秋の衣 』展
           Afa+lifeafa

              

暖かな布に包まれる心地よさ、冬衣の季節。ふわっとしたリバーシブルや大きな格子柄のウールはコートやジャケットに。
新たな素材カットジャガードのウール綿でチュニックやスカートを作りました。Lifeafaとの組み合わせで変化する着こなしを、お楽しみください。

2017年9月8日(金)~9月14日(木)

  長く共にしたい靴と鞄 vol.5
             
そして、服と飾り

  nakamura 靴     furi. 鞄
  オガワ トモコ 衣服   shima アクセサリー

 ル・エタージュの秋のはじまり。
 皆さまに、心を膨らませ弾ませるアイテムを揃えて
 お待ちしております。

2017年7月21日(金)~7月27日(木)

  白磁と木 器展
          白磁/田崎 宏 ・ 木/山口 和宏

田崎宏さんの美しく使いやすい白磁の器と山口和宏さんの
優しさを感じる木のトレーを組み合わせてみるど…
使い方が楽しく変化しました。
重ね方・のせ方を変えてみるだけで、いつもと違う雰囲気に♪
暮らしの中でちょっとした変化を楽しみませんか?

2017年6月29日(木)~7月5日(水)

  ヒムカシ展
                <7月2日(日)作家在廊>

製作は産地に赴き素材を作るところから始まり、服飾設計(パターン)の技術を基本に組み立てる。

素材の特徴を引き出す目的から生まれる簡易構造と楽しく映るデザインはまるで折り紙の様で、洋服のみならず眼鏡、靴、靴下まで幅広く展開しています。

塩縮素材のシャツやブラウス、軽くて涼しげなオーガンジーシルクのワンピースを中心にワクワクドキドキのお洒落をお届けします。

2017年6月8日(木)~6月14日(水)

 初夏の籠と布・衣
              - maki textile studio -

今春は、畑のマリーゴールドやヘナで染めた黄色で、
軽く羽織るジャケットや玉繭×マルベリーシルクの
透明感ある生地で作られたタンクトップや上着。

混紡糸で織る一つ穴ケープは日よけにも・・・
華やかなストールなどとともに並びます。

2017年5月19日(金)~5月24日(水)

  オカベ マサノリ
  古代ビーズアクセサリー展

およそ2000年前の古代ローマ期、ガラスに金箔をはさんで作られたゴールド・サンドウィッチビーズ。自然のしまめのうの縞模様を活かして眼の模様に作られた西アジアのアイビーズなど、
1000点を超えるビーズたちの中から、選ばれたお気に入りのひと粒を、その場で、お仕立ていたします。

2017年4月21日(金)~4月27日(木)

  「 真砂 三千代 春の衣 」展

 春の光につつまれて、こころ華やぐ花の季節、
 素肌にさらっと気持ちの良い麻で作るアファの衣。
 ライフアファのオーガニック・コットン・ラインと
 組み合わせ、かろやかに、たおやかに。

 21日(金)は、真砂三千代さん在廊します。

2017年4月7日(金)~4月13日(木)


 
『 日本のジーンズ MONPE展 』

 伝統的な久留米絣の現代的な「もんぺ」「ワンピース」
「スカート」をご紹介します。

 作業着だけでなく、オシャレにお出かけ、心地よく部屋着としての楽しませてくれる日常のもんぺ。
 個性的なオシャレを楽しめるもんぺは、男女・世代問わず
楽しめる!さあ楽しもう!!

2017年3月1日(水)~3月15日(水)


 
『 森正洋 の 注器展 』
              

 第一回グッドデザイン賞受賞者でもあり、日本を代表する、陶磁器デザイナー「森正洋」
今回は「注ぐ」をテーマとし、森正洋がデザインしたポット・急須・宝瓶が揃います。
それぞれに様々な工夫が施されて、とても素敵な、楽しい注器に仕上がっております。
人気の高い「平形めし茶碗」もご覧ください。

2017年2月15日(水)~2月19日(日)


 
小西 由紀子 春待ち展
              

 秋田の手漉き紙「十文字和紙」に描いたお雛様や天神さま
 など、土人形の絵と、素焼きに昔ながらの技法で丁寧に
 絵付けした土鈴を展示します。
 手漉き和紙、土人形、土鈴…
 
 春の暖かさを先取りする手仕事ならではのぬくもりを
 お楽しみください。

2016年12月7日(水)~12月20日(火)


 
『 師走展 』
              

 10日(土) 中村工房四代目が在廊し、ホームスパンについて
 語ってくれます。
 7日(水)~10日(土) 造形作家・古川孝子が在廊します。

 杉山ハヤト…土鈴・干支 工房コスモス…マット・布小物

2016年11月25日(金)~12月1日(木)


 
『 真砂 三千代 秋の衣 』展
           Afa+lifeafa

              

  冬の訪れを感じながら上質のウールや手織りシルクで
  ゆったりと重ね着のできる衣を作りました。
  色使いが新鮮なライフアファとのカジュアルな
  組み合わせをお楽しみ下さい。

2016年11月11日(金)~11月15日(火)


 
雪ノ浦 裕一 陶展
              

  食で季節感じる日本の食卓。
  暮らしに役立つ器は料理を引き立て、
  喜びの時間となります。
  表情豊かな、雪ノ浦裕一の器たちをお楽しみ下さい。

2016年10月21日(金)~10月27日(木)


 
sanemi 貼り絵展

       水澄む時に

              

  カケラ集メ:日記帖 http://kakeraatume.jugem.jp/

2016年9月30日(金)~10月7日(金)

 『 秋の布・衣
    - maki textile studio -』

              
インドのganga+maki工房では、蚕を飼育したり、木藍や
夜香木、ヘナなど染料になる植物を育て始めました。

素材づくりから、染め、織り、服の仕立てまで、一貫して
行います。

糸のなりたい形をめざした布づくり。
布のなりたい形の服づくり・・・。
素材によりそうものづくりをどうぞお楽しみください。

2016年9月9日(金)~9月15日(木)

 『 長く共にしたい靴と鞄 』
              ~ made in Japan Vo.4 ~
nakamuraの靴とfuri.の鞄
履き心地、使い心地、丁寧なハンドメイドという心地良さを
感じてもらいたい。秋感じる、新作の登場です。

起毛感のある、こっくりとした素材のスリッポンやハイカットシューズはこの秋に活躍する1足になるでしょう。
今回はダークブラウンも揃えました。
furi.の新作bag、まるでマロン?またお好みのレザー素材、
カラーを選ぶ受注会となります。

2016年7月22日(金)~7月28日(木)

  『 とりもと硝子店 』

 自然の風景が目に浮かぶ硝子作品は、
 日々変化のある生活に溶け込みます。

 自ら、硝子の原料を調合し、表現力豊かな
 作品を製作しております。

 器、グラス、ランプシェード、風鈴など、
 心を豊かにする硝子が揃います。

2016年7月8日(金)~7月14日(木)

 田崎 宏・白磁展

涼やかな凛とした美しさと、ぽってりとした
優しさ感じる白磁。

触れたとき、心地よさを感じる作品」に出会えますように。

作家在廊日:8日(金)

2016年6月23日(木)~6月29日(水)

 初夏のかごと布・衣
              - maki textile studio -

ヒマラヤの麓ganga工房では野蚕のエリシルクや家蚕の黄繭を育てはじめました。
染料や繊維になる草木や花をたくさん植え、
素材のすぐ近くからの織物づくり。
夏を楽しむアイテムをご紹介いたします。

2016年6月4日(土)~6月12日(日)

 mon Sakata の服

坂田敏子さんが作る mon Sakata のお洋服。
糸・布を重ねつなぎ「服」となります。
着て、楽しみや想いを重ねて、よろこびへとつながります。
そして、心へとつながります。

2016年5月19日(木)~5月24日(火)

  オカベ マサノリ
  古代ビーズアクセサリー展

春の日差しに、ローマングラスの薄緑色や金箔を編んだゴールドサンドウィッチビーズがよく合います。2000年前に作られて、今に伝わる、大地に愛されたビーズ。
お気に入りのビーズをお選びいただき、その場で、お仕立ていたします。

2016年4月22日(金)~4月28日(木)

  「 真砂 三千代 春の衣 」展

こころが温かい風にさそわれて動きだす季節に、
軽やかな春の衣をお届けします。
風合いの有る麻のブラウスや、パッチワークを組み合わせたブラウスジャケットなど、 ライフアファとのカジュアルな
コーディネイトをお楽しみください。

2016年4月7日(木)~4月13日(水)

  「 赤田 千恵子 キルト展 」

キルトを始めて25年、震災から5年経ち、
5回目の個展となり、節目を感じております。
私らしい、鮮やかな色の組合せとデザインのひらめきを
キルトで表現します。    ー 赤田 千恵子 ー

2016年3月25日(金)~3月31日(木)

 「 百瀬 雅子 草木染めのニット」

自然から生み出された
やさしく柔らかな草木染めならではの色づかいは
肌の色と馴染みやすく お洋服のコーディネートが
しやすいのも嬉しいです。
            < 在
廊日:3月25日(金)>

2016年3月4日(金)~3月10日(木)

  「 水留 良雄 作陶展 」

春の芽吹きが待ち遠しいこの季節。
自然に目にする、花、鳥、魚や動物を器に表現する
水留良雄作品がル・エタージュを彩ります。

    <陶芸教室>
3月4日(金)・5日(土) ※要予約

2016年2月17日(水)~2月21日(日)

  「 小西 由紀子 ひな絵展」

十文字和紙に描いた昔懐かしい八橋人形のおひな様を中心に
段飾りのおひな様、花嫁さん、羽子板持ち、天神様・・・
春の訪れを待つ気持ちを素朴な人形たちに託してみました。

2016年1月19日(火)~1月23日(土)

「 ティータイムスタイル 」
    ~ 至福を感じる道具展 ~

新鮮で深さ感じる作家の器たちと、見た目じゃなく、機能性も優秀なデザイン豊かな道具たちが揃います。
ほっとひと息、自分だけの贅沢な時間を作ってみませんか?
マグカップ・カップソーサ・コーヒードリッパー・ミルクパン・琺瑯製品など、日常が楽しくなる道具たちです。

2015年12月9日(水)~12月22日(火)

 おくる・むかえる・冬の暮らし展

杉山ハヤトさんの作る土鈴をお取扱いし、毎年揃えると7つ目の
干支になります。おくる時間を心地よく過ごせたり、新しい新年
を迎える時に飾りたい、植物の寄せ植えなどをご紹介いたします。

 ・杉山ハヤト ・古川孝子 ・小林 緑 ・くじあさこ

2015年11月27日(金)~12月3日(木)

  冬のふっくり時間

冬の時間をふっくりとした温かい気持ちで過ごせるように、
そばに置いておきたい、使って笑顔がほころぶような作品を
揃えました。

 ・古川孝子 ・くじあさこ ・オガワトモコ

2015年11月13日(金)~11月19日(木)

 「 真砂 美千代 衣 」 展
    Afa + lifeafa
澄みきった空気が心地よく感じる季節。ウールガーゼのブラウスやダブルフェイスのジャケット、軽やかなスカートを作りました。
オーガニック・コットンで作るニットやTシャツと組み合せて、シックな着こなしをお楽しみ下さい。

2015年10月22日(木)~10月28日(水)

 土が生み出す 秋の陶器展
  佐藤秀樹 中村秀和 中村知美

秋の夜にぐつぐつと鍋音を響かせたくなる季節になりました。
日々の暮らしで欠かすことのできない器。
温もりと心地よい器を作る佐藤秀樹さんに、ほっくりと心が温まる土鍋と器を作って頂きました。

中村秀和さん・知美さんは、秋の味覚を引き立たせてくれる器を。
盛り付けは使い手のキャンバス、食を楽しむ時間を過ごせるでしょう。三人の作風をお楽しみください。

2015年10月2日(金)~10月8日(木)

 MAKI TEXTILE SUTUDIO
           Autumn 2015
土を耕し、種をまき、木を植え、染料植物を育て、
糸を染め、織る。
自然の恵みと人の知恵と手わざを拾い集め、暮らしの中で心地よい衣や布づくりを目指しています。
その風合いに触れ、身に纏ってみることで、一枚の布の背景にある空気を感じていただけらたと思います。

2015年9月11日(金)~9月17日(木)

 長く共にしたい靴と鞄
       ~ made in Japan ~
< 靴製造nakamura >
一足一足丁寧に作り上げる靴はシンプルで履きやすく、お出かけが楽しくなる。履きこなれていくと共に、思い出という物語を作りませんか?

< KNIT IS CANVAS ! >
ニットイズキャンバスは、ニットジャガードによるグラフィカルなバッグを中心に、自由な発想で遊び心のあるモノづくりをしているドメスティックブランド。

2015年7月24日(金)~7月30日(木)

 酒井 由弥 硝子展

氷のような、ドロップのような、そしてみずみずしさがあり、
作品を手に取った時に、この硝子と一緒に時間を
過ごしてみたいな~と思いました。 ル・エタージュ

好評につき、野田村のCake&Coffeeセットを期間限定で
お楽しみ頂けます。

ル・エタージュの空間でゆっくりとお過ごしくださいませ。

2015年7月3日(金)~7月9日(木)

  田崎 宏 白磁展
        

器の表面を削って凹凸を付ける「しのぎ」の技法を使った、曲線は水の流れのようにそして美しく。見て、触れて、想像を膨らませ、皆様の心で沢山感じて頂きたい田崎宏の白磁。モノづくりへの心意気とお人柄が感じる作品を揃えてお待ちしております。
期間中、岩手県野田村で作られた好評のチョコケーキなど、白磁の器で味わえます。

2015年6月11日(木)~6月17日(水)

 夏のかご展と真木TEXTILE STUDIO

その地域に伝わる籠たち。
職人の手により一つ一つ編み込まれた、あけび・くるみ・鈴竹・篠竹・山葡萄の籠はこれからも長く継承して欲しいもの手仕事です。
土を耕し、種をまき、木を植えて、染料植物を育て、すこしづつ収穫した素材で糸を染め、織り、すべて人の手による織物づくり。
自然の恵みと忘れかけている人の知恵と手わざを拾い集め、心地よい衣や布づくりを目指しています。
手紡ぎの風合いある布で作るベスト・ブラウス・パンツ・チュニックなど
軽やかな初夏色のストールいろいろと合わせてお楽しみください。

2015年5月22日(金)~5月29日(金)

  原田 理Ri子 展
        

パワーあふれるとびっきりの笑顔と秋田の風景をテーマにした、
理Ri子さんの魅力が詰まった作品が店内を飾ります。
絵・Tシャツ・バック・ポストカードなど展示販売いたします。
誰もが笑顔になってしまう理Ri子ワールドを是非ご覧下さいませ!

2015年4月17日(金)~4月23日(木)

 「Afa」 真砂 三千代 展
        
~春風にそよぐ衣たち~
天然素材に包まれ、優しさ感じる上質な大人のお出かけ着
Afa
生活の中で着こなしが楽しめるオーガニックコットンを使った
Life afa
自然素材の衣に包まれ、身体にとけこむ優しさとともに。

17日(金)真砂三千代さんが在廊いたします。

2015年3月13日(金)~3月19日(木)

 長く共にしたい鞄と靴

素敵な時間を共に出来る靴と鞄に出会いました。
丁寧な手仕事は、心地よく丈夫で愛おしく、
シンプルでありながら心惹かれる使い続けたい
ハンドメイドの 靴 nakamura と 鞄 furi. です。

2015年2月18日(水)~2月22日(日)

 小西 由紀子 ひな絵展

昔なつかしい八橋人形ほか様々なおひな様たち
春待つ心を十文字和紙に描きました。
作家在廊日:21日・22日

2015年1月21日(水)~1月24日(土)

 茶器展  ~3人それぞれの作品~

・やさしい色あいの陶器:佐藤秀樹
・動物などをモチーフにした絵付け:水留良雄
・焼き締めに漆を使った器:菅野文哉

2014年12月9日(火)~12月20日(土)

 師走展 X'mas・New year

杉山ハヤト(土鈴)古川孝子(造形・キャンドル)こすもす工房(さき織り)くじあさこ(フェルト)

2014年11月27日(木)~12月3日(水)

 二人展 造形作家 古川孝子
     and ホームスパン中村工房


手に取る素材を心のままに表現するキャンドル・リース・
オブジェなど女性のココロにときめく作品がいっぱい♪

羊毛を手で紡ぎ、糸にし、染めあげ手織したホームスパン。
マフラーや帽子など温かく、柔らかい感触をお楽しみ下さい

2014年11月7日(金)~11月13日(木)

 百瀬 雅子 草木染ニット展

自然から生みだされた やさしく柔らかな草木染め
楽しませてくれる1枚を探してみませんか?

2014年10月9日(木)~10月22日(水)

 ル・エタージュの国文祭
  「第29回国民文化祭・秋田2014」応援事業

  デザイン豊かな秋田の誇れるモノづくりを、
  この機会にその手で感じましょう!!

2014年9月26日(金)~10月2日(木)

 MAKI TEXTILE STUDIO × Le etage

  
秋風ゆらぐ布と衣2014

 
  主宰 真木千秋 在廊日:26日(金)
   
   布使いのいろいろをご紹介しますので、
   楽しみにいらして下さい。

2014年9月12日(金)~9月18日(木)

 泉田 之也 陶展

 
  在廊日:12日(金)・13日(土)

2014年7月25日(金)~7月31日(木)

 伊藤 直仁 ガラス展

2014年7月3日(木)~7月9日(水)

 田崎 宏 白磁展

凛とした強さと、曲線の美しさを感じる白磁たち。
使う人の想像力を高める器は、使う楽しさと喜びを
感じていただけるでしょう。

2014年6月19日(木)~6月25日(水)

 ル・エタージュ かご展

日本各地に根づく手仕事のかご。
あけび・くるみ・やまぶどう・竹を使ったカゴが並びます
使い馴染むことにより変化を楽しめる天然素材、ざるや文庫箱など暮らしの道具も
そろいますので、お楽しみに。

2014年5月30日(金)~6月5日(木)

 sanemi貼り絵展
 さえずり庭園ガーデン


 カケラ集メ:日記帖 http://kakeraatume.jugem.jp/

2014年5月16日(金)~5月22日(木)

 真木テキスタイルスタジオ 雪ノ浦裕一 二人展

 
「糸から衣へ」 「土から器へ」

 初々しい春風のようなストールや、野蚕や家蚕のシルクに麻などを織り合わせた草木染めの布で、春から初夏に心地よいやわらかな服。
 そしてgangaの春は、しゃりっとした風合いの麻×シルク生地で作る糸衣や麻にシルク+ウールの手紡ぎの混紡糸を織り込んだ長四角布など、新しい風合いの布をご紹介致します。
 日常使いを楽しませる器は盛り付けた料理をより美味しく魅せます。 粉引、刷毛目、炭化焼締、灰釉に藍彩が加わりました。

2014年4月23日(水)~4月30日(水)

  ル・エタージュの休日スタイル

 ナチュラルでリラックスできる休日のスタイリングをテーマに、爽やかな風に似合う帽子やストール、ウェアはレギンスや藍染で人気のgokan五感をはじめ、着ていて心弾むアイテムを揃えます。
 お家でのカフェタイムにぴったりな、グラスやカップソーサーでひとときの休日スタイルを楽しみませんか?

2014年4月10日(木)~4月16日(水)

  赤田千恵子キルト展

 色彩豊かなキルトで表現された力作、
 秋田の四季をご覧ください。

 2013年日本キルト大賞ベルニナジャパン賞受賞作品 展示

物件イメージ01

2014年3月27日(木)~4月2日(水)

  水留 良夫 作陶展

            ~鳥と花と魚たち~

物件イメージ01

2014年3月8日(土)~3月12日(水)

  着る喜び 日々共に過ごす服たち

素材をはだで感じ 着たときのひらめきが心の喜びへと
                    変化する服たち。
共に過ごし 変化していく服は 
          新たな楽しみを見つけさせてくれます。
物件イメージ01

2014年1月23日(木)~2月20日(木)

 春を待つ人形展

     ※日曜・祝日は、お休みいたします。
 三上 洋(陶人形)
 桜井 昭寛(木地師)

   ふわりと笑顔になれる陶人形や灯りの家。
   あたたかな空間をお楽しみください。
物件イメージ01

2013年12月5日(木)~12月11日(水)

 X'mas New year 五人展
 (杉山ハヤト、橋野浩行、古川孝子、
          くじ あさこ、真木テキスタイル)

 自分へのご褒美、プレゼントにしたいモノ、
 笑顔になれる作品に、 Le etage で逢えますように。
物件イメージ01

2013年11月21日(木)~11月27日(水)

 古川孝子(造形)
 百瀬雅子(草木染ニット) 二人展

 ワイヤー・木材など様々な素材を心のままに表現した造形を生み出す古川孝子の作品と、天然の草木で染められた百瀬雅子のニットは柔らかに、優しく体を包みこむでしょう。
想像力から生まれた「美」を感じてもらえたら嬉しいです。
物件イメージ01

2013年10月25日(金)~10月31日(木)

 斧折樺 (オノオレカンバ) 木のクラフト展

 ニューヨークMADミュージアムで販売がはじまった、斧折樺の作品を中心に展示会を行います。
 ひねり髪すきは、2013年グッドデザイン賞受賞し、東北地方発明表彰においても、日本弁理士会会長奨励賞を受賞しました。
 26日(土)13:00より「ニューヨークへのプロムナード」お話会を開催いたしますので、是非ご来場くださいませ。
物件イメージ01

2013年9月27日(金)~10月3日(木)

 南部炭染展

 からだにやさしい天然素材にこだわるブランド「南部炭染」が秋の大人のカジュアルウェアをご用意して皆様のご来店をお待ち致します。
 また9月28日(金)の13時からは、南部炭染の誕生秘話などのお話会も開催致します。
”炭が魅せるナチュラルグレーの世界”この機会に是非ご覧下さい。
物件イメージ01

2013年7月18日(木)~24日(水)

 Hiroshi Tazaki Exhibition  - 田崎宏 -

凛として、使う人の心に響く、白磁が約180点揃います。
田崎宏の作品をたくさんの皆様にみていただきたいです。
物件イメージ01

2013年7月4日(木)~9日(火)

 二人のガラス展
グラススタジオ旭 伊藤 直仁 × ガラ舎 吉田 好恵

箔をのせた上品なガラス、日々楽しく使えるグラスや
存在感のある大皿など、約150点ご紹介いたします。
→この関連ブログを見る
物件イメージ01

2013年6月20日(木)~26日(水)

 岩手の手仕事展 第三章
泉田之也(陶器)・柴田恵(竹かご)・小笠原陸兆(南部鉄)

東日本大震災の年に始まり、3回目となる岩手の手仕事展。
日々の生活に溶け込む、デザインや使いやすさ、あたたかさを是非感じてください。
→この関連ブログを見る① その② 野田村より
物件イメージ01

2013年6月8日(木)~12日(水)

 沖縄の楽しい食と器展

「楽しい食」をテーマに食卓を彩どる琉球ガラスの器やグラス、興味深い沖縄の食材などを、ご紹介致します。
→この関連ブログを見る
物件イメージ01

2013年5月24日(金)~30日(木)

 雪ノ浦 裕一 作陶展

透明感のある林檎灰釉・温かみのある粉引、刷毛目乾いた質感の石瓷・漆を用いた漆黒、漆陶のほか磁土を用いた灰瓷、呉須を用いた藍彩の「普段使いのうつわ」たちを展覧いたします。
日常の生活の中で少しでも、ほっとした空間を演出できれば幸いです。                by 雪ノ浦
物件イメージ01

2013年4月19日(金)~25日(木)

 MAKI TEXTILE STUDIO 2013 春展

上着の中に小さめの生絹ストール。
肌寒い朝夕には、ふんわり紡いだマフラーを首元に。
春の日差しに、大判のストールをさらりと纏って。
絹を重ねて、温かく、軽やかに。
<19日は、真木テキスタイルスタッフが常駐します。)
物件イメージ01

2013年3月13日(水)~19日(火)

 春の神楽KAGURAYA Collection

目を引くデザイン、クオリティの高さは熟練の職人の手により生み出されております。春のはじまり神楽KAGURAYAのアイテムと共にスタートしませんか?心弾むスパイスに。

→この関連ブログを見る